試練のトイレトレーニング!いつ始める?夜はどうする?保育所でのトイレトレーニング方法

富山も梅雨明けもうすぐでしょうか?!
ジメジメ季節早く脱出したいものですね!
夏になったら是非子育てでチャレンジしてほしいのが
「トイレトレーニング」 です。
でもトイレトレーニングってどうやったらいいの?
どれくらいかかるの?
初めてトイレトレーニングに挑戦する親子にとっては初めてだらけ!
今回は実際に保育所で行われているトイレトレーニング指導方法を参考にしながらお伝えしていきたいと思います。

  1. トイレトレーニングはいつから?
  2. トイレトレーニングの手順・方法
  3. トイレトレーニングがなかなか成功しないとき
  4. 子どもがトイレが好きになるおすすめグッズ
  5. あると便利!トイレトレーニングがスムーズに出来るグッズ

1.トイレトレーニングはいつから?

トイレトレーニングを始める時期として最も多いのが2歳前後だと思います
・自分の意思を伝えれる
・一人で座れるようになる
・おむつがあまり濡れていなく一度におしっこをする
などの目安があります。

保育所で勤務していた中では早い子どもだと中国出身ママの8か月でした!
お国柄もあるようで股の部分がぱかっと空くズボンをはいていました!

トイレトレーニングを始める時期は個人差が大きいので年齢が同じお友達がトイレトレーニングを始めたと聞いても焦らないことが重要です。
3歳を過ぎると焦ってしまうママが多く見受けられましたが、
おむつがちょびちょびおしっこで濡れていて30分ごとにトイレに座らせています!というママもおられましたが、それくらいの感覚だとまだおしっこを溜めれるようになっていないため、始めるには早すぎると思いました。
無駄にトイレトレーニングの時期が長引き親子共に大変になってしまう可能性もあります。
ママと子どもがトイレトレーニングに向き合える余裕も大切です。
またトイレトレーニングにおススメなのは春~夏です。
洗濯ものが乾きやすいのと薄着の為、脱着が楽な事があります。
冬だと寒くてトイレが近くなるので感覚もつかみにくいです。
人と比べず子どもの成長とタイミングをみて始めましょう!

2.トイレトレーニングの手順・方法

タイミングが良いと感じたらトイレトレーニングの始まりです。
環境設定
子どものお気に入りのキャラクターなどの便座を買ったり、トイレにポスターを貼って楽しいトイレにする
動画や絵本などでトイレを意識付ける
トイレに誘うタイミング
2~3時間たってもおむつが濡れていないときはトイレに座らせてみる
排泄があってもなくても座れた事を褒めてトイレが楽しいと感じれるようにする
日中の時間がある時は布製のトレーニングパンツをはいて濡れる感覚が分かるようにする
しばらくはこの繰り返しになると思います。

保育所では一人一人おむつの中を常にチェックする事は難しいのでトイレに座る時間が決められている事があります
10時 午前の活動の前におむつ替え&トイレに座ってみる
12時 お昼寝の前
15時 おやつの前
17時 お迎えの前
など生活リズムが決まっているのでトイレに座るという事も習慣付きます。
保育所の時間を参考にご家庭で決めてみるのも良い方法です。

3.トイレトレーニングがなかなか成功しないとき

トイレトレーニングは二歩進んで一歩下がるも良くあります。
せっかく上手に出来ていたのにまた漏らしている・・・
という事もあります。
生活がトイレトレーニング中心になってしまうとママにも子どもにも負担がかかります。
子どもながらにトイレに神経質になる事もあるので順調に進まなくても焦らずに向き合いましょう。
失敗が重なる時は
日中の数時間だけパンツにしてみる
一旦パンツを辞めて濡れる感覚のあるおむつやパットにしてみる
などお休みにする事で子どもにプレッシャーを感じさせることなく少しずつ成功したら良いなという気持ちで進めましょう。


4. 子どもがトイレが好きになるおすすめグッズ

トイレを意識する始めとして絵本が一番身近ですね。
アンパンマンは年齢的にもちょうど好きな頃ではないでしょうか?
絵本を読んだ後にトイレに誘ってみるのも良いですね。



どこの保育所にも必ず1冊はあるであろう不動の人気のノンタンです!
ママの小さい時からノンタンは親しみのあるキャラクターではないでしょうか?!
ノンタンもトイレでおしっこ挑戦していますよ!



子どもちゃれんじの中に必ずトイレトレーニングの教材が出てきます。
大好きなしまじろうと一緒にトイレでシーしようね!
と声かけも良いですね!
こどもちゃれんじ教材のアプリ「しまじろうひろば」のトイレトレーニング動画もおススメです。



5. あると便利!トイレトレーニングがスムーズに出来るグッズ

おまるなどは掃除が大変だと思いますが、トイレの便座にかぽっと乗せるだけの子ども用便座。 我が家では3歳くらいまではこれ一つで大丈夫でした。 音が鳴ったりするとトイレタイムも楽しくなります!

子ども用便座が小さくなって大人用に座れるようになる事に便利なグッズです。
便器の前にはめるようにして置くだけです。 足元がふらつかない為安定して座る事が出来ます。
また子どもが台替わりとして自分で便器に座れるようになります。
また、大人が足を置いてもトイレを足す時の姿勢が良くなるらしくお通じが楽になります。


お兄ちゃんパンツ・お姉ちゃんパンツがいい!というこだわりキッズにはこちらのパットがおススメです。
パンツに当てるだけなのでちょっとした失敗や夜などに大活躍です。
我が家は成功率も高くなりもうパンツで過ごしている頃に高速道路などのトイレになかなかいけないというシチュエーションの時にも持ち歩いて活躍しました。




これからも子育てが楽しく便利になるような情報を発信していきたいと思います!

関連記事
不安になる初めての子育て・・育児書に頼らない「自分らしい子育て」解消法
ママからの子育てに関するお悩み相談TOP5!通園・通学編

体験レポート特集

アーカイブ