保育士ってどんな仕事?子どもと密な関係の保育士について知りましょう

仕事をするママにとって密な関係にあるのが保育士の先生だと思います。
登園、降園の時に子どもの事や家の事などいろいろ話をすると思います。
そんな保育士の先生は日中子どもとどのように接しているのでようか?
ママにとって保育士の先生の仕事内容を知る事によってもっと子どもの事を相談しやすくなると思います。
また保育士の仕事に興味がある人にとってはどのような仕事内容か知る事が出来ます。
ぜひこの機会に保育士という仕事が子どもとどのように接しているのか知り、今後の子育てに活かしましょう!

  1. 保育士とは
  2. 保育士の仕事1日の流れ
  3. 保育以外の仕事
  4. 子どもと遊んでいるだけじゃない専門職
  5. 保育士の給料・求人

1.保育士とは


保育士とは、乳児から小学校就学までの幼児を保育する仕事です。
保育士と聞くと、子どもたちを預かり、遊んだりお世話をするというイメージがあると思いますが、実際の仕事は子どもの事に関するプロフェッショナルな仕事と言えます。
しっかりと発達・成長しているか?
子どもの能力を伸ばすにはどんな経験や遊びを通じで促せばいいか?
体調不良や感染症などにはなってないか?
など常日頃子どもの観察を行っています。
保育士は、乳幼児期という子どもの人間形成に非常に大事な時期に、1日の多くの時間をともに過ごします。
保育時間の長い子で朝7時登園をして6時降園だとしても11時間も保育園で過ごしている事になりますね。
子どもにとって保育士は、保護者と同じように信頼できる存在です。

2.保育士の仕事1日の流れ

7:00~ 開園から順次登園
子どもを受け入れし、体調の変化などが無いか保護者からの聞き取りや検温、連絡帳によって確認

8:00~ 自由遊び
絵本を読んだり、相手をしたり、手助けをする

9:30~ 年齢別での活動
全員がそろい、支度がととのったら年齢や季節に応じ、外遊びや散歩、プール、工作、歌遊び、手遊び、読み聞かせ、運動会をはじめ季節のイベントの練習など

11:30~昼食
給食の場合は配膳をし、アレルギーのある子どもがアレルゲンに触れたり口に入れたりしないよう配置をする

12:30~ 着替えて午睡
0〜2歳児では着替えの介助。交代で休憩をとるが、午睡中子どもに異変がないかチェックをする、連絡ノートに子どもの様子を記入したりと、作業も行う
午睡の間に、連絡ノートの記載や掃除などを行う

14:30~起床後検温、おやつ
配膳、年齢に応じて介助

15:15~おやつ後、遊び
自由遊び、工作、歌遊び、手遊び、読み聞かせ、行事の練習など

17時ごろから20時まで順次降園
保護者に子どもの様子や連絡事項などを伝え、引き渡し

このように日中の活動は子どもと常に行動を共にしながらも、危ない事が無いか、困っていることはないかなど常に目を見張らせています。
このほかにも子どもの成長記録など記入しなければならない書類や行事の計画・準備などもあるので常に何かしら仕事があります。
単に子どもが好き!というだけでは大変な仕事ですが、子どもの成長に携われたり保護者との信頼関係が築けたりと人と接することが好きな人には合っている仕事だと言えます。

3.保育以外の仕事

子どもの保育以外の仕事もたくさんあります。
・保護者との連絡帳などの記入
・季節ごとに部屋の装飾などを作ったり飾ったりする
・行事の立案や日々の活動案の作成
・子どもの成長記録
・研修会への参加
・ピアノの練習など技術の向上
その他にもたくさんの事務仕事があります。
保育以外の事務作業は正職員が主に担当し、パートの保育士は保育のみや成長記録のみなど各園で割り振りは変わります。

4.子どもと遊んでいるだけじゃない専門職


子どもと長時間一緒にいる保育士は常に子ども達の成長を見守っています。
また一般的な成長過程を知り尽くしているので日常生活や遊びの中で子どもの遅れなどを発見する事が出来ます。
そのような場合には保育士同士や園長先生との協議の上、保護者に伝えたり専門家への依頼などが行われます。
研修でも病気や遊び、環境問題など様々な勉強を日々行っている為子どもに関する情報収集を常に行っています。

初めての子育てだとどこまで出来るか、子どもとの接し方が正しいのか?
比べるものが無いとママだって分からないことがたくさんあると思います。
そのような時は是非、子ども達の事をよく知っている保育士に相談してみてくださいね!

5. 保育士の給料・求人

保育士の求人を見るときは
・ハローワーク
・公立だと地域の役所など
・園に直接電話
などが主になると思います。
最近では24時間や祝日も運営している保育園がありますが、ママが働くとなると日中勤務だけになると思います。
早番:7時30分~16時30分頃まで
中番:8時30分~17時30分頃まで
遅番:9時30分~子どもが帰るまで
などシフト制になっている場合が多く、この中でも4時間のみのパート保育士などで構成されています。
保育園は慢性的な人手不足もあり、求人数は多い傾向です。

民間の保育施設だと給料や働きやすいように環境を整えているところが多くなってきています。
公立だと給料などは民間に比べて低いような傾向がありますが、毎年職員の移動があるのでいわゆる「古株」と言われる職員が少なかったり独自のやり方やルールが少なかったりして働きやすいかもしれません。

女ばかりの職場っていろいろありますもんね・・・(*´з`)



保育士の給料として一般的なのが
時給:1000円前後
月給:20万前後
年収:300万前後

もちろん園や経験によって差はあると思いますが、国家資格で責任がある仕事の割には低いというのが正直な感想でしょうか・・・。
サトウの個人的な意見ですが、研修で他の園の先生と話したりママ同士の子どもが通っている園の評判などを聞く限り
保育士の給料が高い保育園は離職率も低く、保育の質が高いように感じます。
一方給料が低い保育園では若い先生ばかりいる、離職率が高い、保育の内容が薄い
ような気がします・・・。

自分の園選びで先生の給料もちょっと気になるところですね・・・( *´艸`)
今回は子どもと密な関係になる保育士の先生についてお伝えしました。 ぜひ保育士の先生と良い関係を築き、一緒に子育てを楽しんでいけたらいいですね!
保育所だけでは無い!保育士資格を活かせる仕事&内容とは?!
ママでも学校に行かずにとれる保育士資格!保育士になるには徹底解説


体験レポート特集

アーカイブ