新学期!子ども向け通信教育を比較してみました!

こんにちは!管理人のさとうです。
新年度に変わり、この節目になにか子ど、もに新しい習い事などをご検討されている方も多くいらっしゃると思います。
学習系の習い事だと幼児・小学生向けの塾が住宅地には必ず一つはありますね。

しかし通う事が難しい場合や家庭で勉強したいなど通信教育系も相変わらず人気が高いです。
通信教育系だと通うよりリーズナブルだったり自分のペースで進める事もでき、メリットもけっこうありますよね!
デメリットを挙げると
溜まる・やらない
まさにこれではないでしょうか?!
しかし送迎の時間と置き換えて保護者の方が1回30分子どもと向き合って学習を進める事もありじゃないかなと思います!

今回は幼稚園~小学生向けの通信教育を比較してみたいと思います。
  1. 進研ゼミ・こどもちゃれんじ
  2. ポピー
  3. WonderBox(ワンダーボックス)
  4. Z会
  5. デキタス

1. 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

やっぱり一番先に思いつくのがしまじろうでお馴染みのこどもちゃれんじですよね!
日本人なら誰でも一度は通って来た道ではないでしょうか?!(笑)
赤ペン先生のお返事を楽しみに最初は頑張りそのうち溜まっていき・・・
付録的な物で遊びテキストは積み重なっていきお母さんに怒られるというありがちな道をサトウはたどっていましたが・・・

今やタブレット学習が加わり楽しいコンテンツがいっぱいで小学校1年生の子ども達はタブレットを見せ合う姿も見られます。
時代は進化しているのでサトウのような道を歩んだママもちょっと安心かも?!

料金は乳幼児向けのプチで
1980円
小学生のタブレット学習で
2980円
(1年一括払いの場合)

となっております。



2. 幼児・小学・中学ポピー

こちらも老舗だと思いますが、サトウは小学生低学年の時にポピーをしていたお友達が結構いたなという印象です。
ポピーの魅力はなんといっても会費の安さだと思います。
2~3歳用・ 年少 980円
年中 1,100円
小学生(1年生) 2500円
お値段はお安めですが、テキスト内容はお子様が通っている小学校の教科書に沿っているテキストになるので家での予習・復習にはピッタリですね。
またポピペンといって本にペンを当てると音がなったりデジタルコンテンツと連動して家にあるパソコンやタブレットで学習する事が出来ます。
赤ペン先生的な添削サービスはないので親子で一緒に進めたいというママにはピッタリではないでしょうか?!



3.WonderBox(ワンダーボックス)

これまでの通信教材と一線を画す全く新しい通信教材として、
2020年2月に発表、4月にスタートする新しい通信教育サービスです。
注目のSTEAM教育分野を取り入れた内容とのことですが
STEAM教育とは?!
Science(科学)
Technology(技術)
Engineering(工学)
Art(芸術)
Mathematics(数学)
を統合的に使いこなす「STEMスキル」を持った人材の育成のため90年代のアメリカで提唱されました教育法だそうです。

対象年齢は4-10歳のお子さまだそうです。
アプリとキットを使って考える力が楽しみがら育ちそうです!
社会情勢やシステムの変化が速い現代にこれからは勉強法も変えていく必要があるのかもしれませんね!
料金はどの年齢も
3700円
(1年一括払いの場合) です。


4. Z会

幼児から大学受験まで、幅広くコースを展開しているZ会です。
東大、京大をはじめとする難関大学合格者が受講していたという実績が!
※今年の合格実績はこちら→http://www.zkai.co.jp/home/corporate/records/
確かにサトウの周りでも富山のNO1,2の高校に進学した友達がZ会をしていた記憶があります。
当時のサトウはZ会?!?!といった感じでした(笑)
添削指導があり、お子さま一人ひとりに合わせた指導が可能なのは嬉しいですね!
料金は年少で
1870円
小学生1年生
3927円~
(1年一括払いの場合)

となっております。

5. デキタス

株式会社城南進学研究社という予備校と塾を運営している会社が作ったタブレット対応の学習になります。
こちらは対象は小学校1年生~中学校3年生までで幼児はありません。
WEBで授業を聞き、問題も解けるサービスになります。
気になる料金は
小学生¥3000
中学生¥4000
の月額料金になります。
パソコンやタブレットがあればどこでもすぐに学習に取り組めるのが魅力的ですね!
紙やノート、テキストなどがたまっていくと場所もかさばるし整理したり処分するのも大変なのでママの仕事が一つ減ると思うといいですね!


どの教材も無料でお試し教材があったり資料請求ができますので、お子様と見ながら決めるのもよいと思います♪

体験レポート特集

アーカイブ