一人一人に合わせた指導でスーパーキッズを育てよう“水泳指導・パーソナルトレーナーさちえ先生”

最近「結果にコミットする」という某CMのキャッチフレーズを耳にすることが多いですよね。
専属トレーナーが一人一人に合ったトレーニング方法を作り、指導していき、その人の目標として定めた結果に導く指導方法を

「パーソナルトレーニング」

と言います。

かつては
パーソナルトレーニングは芸能人や競技の選手コースにいるような限られた人が行っていましたが、

今ではダイエットや健康維持などでもパーソナルトレーニングを利用する人も増えて身近なもの

となってきました。

自宅や公共のジムなどでもくもくと運動してもなかなか時間を費やす割には効果が表れなく挫折しがちになりますが、豊富な知識を持った「パーソナルトレーナー」が作成した個別プログラムを基に、有効なトレーニングをマンツーマンで指導して共に目標に向かって指導してくれるという大きなメリットがあります。

今日は子ども向けのパーソナルトレーニングを行っているさちえ先生と、現在4歳のお子様を水泳の選手として育てたいママの育成相談におじゃましてきました!
  1. スポーツ選手の育成相談ってどんな感じ?
  2. なぜ育成相談を始めたのか?依頼者にいろいろ質問!
  3. スポーツアドバイザーのさちえ先生ってどんな人??
  4. 意外にお手軽・お気軽な育成相談&パーソナルトレーニング

1. スポーツ選手の育成相談ってどんな感じ?

待ち合わせ場所の富山市下赤江にあるワンちゃんと一緒に入れるレストラン
『ドッグ・アミューズメント ナイン』
にお伺いにしてきました。



相談は依頼者の方のご自宅に伺う事もあるそうですが、ご自宅の都合が悪い場合はカフェやファミレスなどでも相談に乗っていただけるそうです。
また、今日のようにお子様も一緒の相談の時は子どもでも入りやすい場所を選んで楽しくお話が出来る雰囲気作りにも気配りしてくださっているそうです。

ワンちゃんがいなくても気軽に入店できるそうなので家に飼っていなくても雰囲気を楽しめることが出来ますね♪
たまに看板犬のスタンダードプードル(実際見ると想像以上に大きいプードルでとっても迫力がありますが、かわいい愛想よしのワンちゃんでした♡)もお目にかかる事が出来るそうです。かしこまった雰囲気の中の相談となると緊張しそうですが、雰囲気がいいといろいろな事も気軽に相談できそうですね。

2. なぜパーソナルトレーニングを始めたのか?依頼者にいろいろ質問!

Qさちえ先生にパーソナルとして指導してもらったきっかけはなにですか?
A4カ月の頃から水泳教室に通っており、プールに入る事が大好きで3歳になってからベビークラスを卒業し、一人で通うようになったが、思う以上に進級するスピードが早く、先生や周りの人からすごく水泳の才能があると言われたのですが、ある段階で伸び悩む事があり、それをきっかけに苦手意識が芽生えてしまったので、苦手なフォームを克服するために集中的に練習したいと思ったことがきっかけです。
Qさちえ先生にはどのようなパーソナルレッスンを依頼していますか?
A月1回程度水泳のパーソナル指導を受けています。普段はスイミングスクールに通っているので進級テスト前やフォーム練習などその都度タイミングを見て指導してもらっています。
また、時々カフェなどでお会いして食事指導や育成相談など水泳以外の運動面の相談もしてもらっています。
子どもの状態を見て困ったタイミングで依頼出来、気軽に相談に乗ってもらえるのでその都度連絡をしています。
Q依頼してから変わったことや効果を実感する事はありますか?
Aレッスン時間内、ずっとマンツーマンで指導してもらえるので集団指導では出来ない苦手な部分や他に習いたい部分、要望などにも応えてもらえるので上達スピードが早いと感じます。
先生が状態を見て、出来たら次のステップへの指導もしてくれるのでスイミングスクールの進級テストの合格の早さにもつがなっていると思います。
また、子どもがたまたま体を動かすことが好きで習ってみると思った以上に呑み込みが早く、そのやる気を伸ばしたいと思ったが、自分自身運動の習い事をしたことが無く、知識が無かったので、時々このように話をする時間を設けることでじっくりと今後の指導計画を教えてもらったり、他の運動の習い事もしているのでそちらも兼ねて体力作りの方法などの相談にも乗ってもらい道筋を立ててもらっていて助かっています。
確かに自分の得意分野であれば子どもに教えることが出来ますが、子どもの得意な事が自分の未経験の世界の事だったら何から始めたら良いのか分からなく遠回りしてしまいそうですね~

3. スポーツアドバイザーのさちえ先生ってどんな人??

さちえ先生の娘さんは平昌オリンピック選手の「大江光」選手 であり、小学1年生の時から自ら指導され選手に育て上げられた経験もあるので、今からスーパーキッズをめざすママにとっては様々な場面でアスリート育成の先輩から生の声を聞けそうですね。私は個人的にオリンピックの裏側を聞きたいと思いました(笑)



さて、そんなさとうも運動には無縁の人生を送ってきたのでアスリートを育成するという事に関して全くの無知なのでさちえ先生には水泳の選手育成について伺ってみました。
Q4歳といった年齢はまだ小さいような気がしますが、小さい頃から始めたほうが良いのでしょうか?
A現在選手コースに所属している選手の8割はベビースイミングから水泳を初めています。
また、小学生くらいで選手コースに入るか、一般のスイミングコースに進むか分かれるので4歳といった年齢は全く遅くありません。
また、大きくなってから始めて選手コースに進むお子様はよっぽど才能があるか、努力をして週に何回も来るなどしないと選手コースに入る事は滅多にありません。ですので、4歳という年齢を考えると選手コースに入れたいと思っている方には適正な年齢と言えます。
Q他にさちえ先生に指導を受けているお子様はどのようなお子様ですか?選手を目指しているスーパーキッズ揃いですか?!
A水が怖いお子様から実際に選手クラスのお子様までおられます。
水が怖いお子様は浅いプールでワニさん歩きで競争をしたり、プールヌードルを使って遊びを多く取り入れ水が楽しいと思えるように導入します。集団指導ではないのでお子様の気持ちを優先して進めていけるので、ほとんどのお子様が数回受講後には自ら顔をつけたり潜ったり出来るようになっています。
選手コースにいるお子様はタイムアップやフォームの改善などを行っております。
また、その他に発達障害や集団行動が苦手なお子様、習うには年齢が大きく躊躇されていたお子様、海水浴シーズン前に数回だけやママサークルなどに溺れたとき救助法の講座、トライアスロンやダイビングの練習をしたい大人など受講される方は様々です。

4. 意外にお手軽・お気軽な育成相談&パーソナルトレーニング


マンツーマンとかパーソナルトレーニングというとレベルの高い人がする仕切りが高いイメージがありましたが、今回お話を伺ったことでもっと気軽にピンポイントで依頼する事が出来ると思いました。
また、兄弟や友達同士の受講も可能とのことなので一緒に楽しくレッスンを行えますね。

この後は個人的な練習方法のご指導やご相談をされていたのでさとうは犬を眺めて癒されておりました♡



スイミングは命を守る技術でもありますし、体全体を使い運動をするので脳細胞が刺激され空間認知能力を高める事が出来るそうです。
水の浮力を使って自由に体を動かすと脳の空間認知能力が鍛えられ、算数の図形問題が得意になるといったことも実証されているそうです!
ベビーから出来る初めての運動でもありますし、お子様のファーストレッスンとしてはピッタリですね。



スポーツトレーナー さちえ先生の詳細はこちら

体験レポート特集

アーカイブ